• えりこ先生

おなら&うんち 気にするほど出てしまいます!

小さい時には、全然気にもしなかったうんちやおしっこそしておなら


その話題に触れることが楽しくて楽しくて学校で話したり、トイレでうんちも普通にできる子が多いと思います。


ただ、ある程度大きくなってくると、その話題は逆に恥ずかしいものと意識し始め

それと同時に、外出先でうんちやおならはできなくなってしまう子が多くなってきます。


中学生にもなると、

”人前でおならなんてはずかしい”

”外出先でうんちしたくなったらどうしよう”


そんな風に感じてしまう子が大勢出てきます。そして気にしすぎて体調を壊してしまう子も出てきてしまいます。


でも待って!

おならもうんちも生理現象だし、腸がきちんと動いている元気な証拠です。



考えすぎてしまう事で、より一層おならもうんちも出やすくなってしまうのですよ。


漢方では、色々考えてしまうことによって”気”の流れが滞ってしまいます。

すると、腸の蠕動運動もストップしてしまいお腹がだんだん張ってきてしまいます。

つまり、お腹の調子の事を考えれば考えるほど、お腹が張っておならが出やすくなってしまうのです。


だから考えないことが一番なんです!!


ですが、そうもいかないのが思春期の子供たち

そんな時は、漢方薬の出番です。”気”の巡りを整えて胃腸の蠕動運動が止まってしまわないような漢方薬がとても功を奏します。柴芍六君子湯・半夏厚朴湯・加味逍遙散などなど色々な処方があります。


男女ともに抱えている悩みです。親御さんは大したことない悩みでも

本人はとても気にしているケースもありますので時々気にかけてあげていてくださいね。






4回の閲覧

最新記事

すべて表示

多汗症は子供のころから始まります。

季節はもうすぐ6月 そうなってくるとグッと相談が増えてくるのが ”多汗症” 大人になって出てくる症状かと思っている方多いと思いますが 実は多汗症 早いと3歳くらいから出てくる症状なんです。 子供はみんな汗っかきだから見つけにくいのですが ・鉄棒やうんていでつるつる滑る ・鉛筆をもっている我が子の手、汗かいている… ・手を握って歩くといつも手が湿ってるな~ こんなことよくあるようならお子さんも多汗症

  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711