• えりこ先生

アトピー性皮膚炎の改善

季節は6月、季節は初夏ですが

寒さ暑さとコロコロと変わるこの時期の陽気は皮膚にとっても

少々過酷な状態・・・


皮膚トラブルをもっている方にとって急に痒みがでてきやすい時期ですので注意が必要です


K・Eさんもその一人。季節が安定していた4月くらいまでは皮膚の痒みもなく肌もきれいでしたが、5月に入って急に暑くなり始めたころから湿疹がではじめました。


5月になると一気に紫外線も強くなり、暑くなって汗もかき始めますが

まだ汗腺の通路がしっかりと出来上がっていないためうまく発汗できず熱がこもってしまうため痒みが出てしまいます。


今年はコロナの影響で始終マスクをしているのでさらに熱がこもってしまうようです。



そんなK・Eさん、仕事のストレスなども重なって鬱々としていることもあったので清営顆粒や心脾顆粒など服用してもらいました。


1週間もすると顏の赤みは落ち着き、吹き出物も新しいものが出なくなってきました。 6月からの出社も晴れやかな気分でいかれると嬉しそうでした。


皮膚に自信が持てると気持ちも上向きになります。


「自分が好き‼」


みんなが自信を持てるようお手伝いをこれからもしていこうと思います。






3回の閲覧

最新記事

すべて表示

アトピー性皮膚炎 N-1

N・S君(18)はもともと幼少期から アトピー性皮膚炎をもっています。 しばらく小中高時代はしばらく落ち着いていましたが 受験などのストレスで一気に悪化‼ 朝晩問わず、全身掻痒感に見舞われ睡眠もままならないほど 痒くて痒くてたまらない様子 受験性のため、神経も過敏になっているので睡眠も浅く ぐっすり寝れてない印象でした。 睡眠はアトピー性皮膚炎にとっては とても大事なものです。しっかり寝られていれ

  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711