• えりこ先生

ミルクを吐いちゃう我が子

お子さんが無事に出産してくれたら一件落着と思っている 新米ママさんもいらっしゃいますが、赤ちゃんが五体満足で産まれてきても 内臓機能はまだまだ未発達。

色々な赤ちゃんのトラブルと 闘っているお母さんもいます。

E・Yさん(36歳)は生後二か月の男の子のママです。

24時間という難産を乗り越えて、やっと我が子と対面したEさん。

K君となずけて、母乳育児で育て始めて1か月くらいたったころ。

母乳をあげてしばらくすると 噴水のように吐き出してしまうという異変に 気が付きました。

病院に行って調べてもらうと “幽門部狭窄症”という診断名。

幽門部(胃と十二指腸の間の部分)が細くなり、飲んだミルクが通らなくなり、嘔吐をする病気で 手術や薬物療法が治療方法になります。

3週間の入院をしたそうですが アトロピンを3時間おきに飲ませて30分たってから授乳をさせないといけないと いうとてもハードなスケジュール。昼夜関係なく3時間おきに薬を内服させないと いけないし、お腹がすいていても30分待ったうえで授乳をさせないといけないので お腹を空かせた赤ちゃんにとってはとても酷。

お母さんも付き添い入院でしたので漢方薬を服用して やっとこさ乗り切った3週間だったようです。

Eさんひとまずは、退院おめでとうございます。

まだ、いろいろ不安は続くと思いますが 一緒に乗り切っていきましょうね。

0回の閲覧
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711