• えりこ先生

低気圧 頭が痛くなるのはなぜ?

台風が起きたり、長雨が続いたり、かと思うと残暑で急に暑くなったりと何かと

気候が不安定な9月ですが、それに伴って体調もあまり安定しない時期です。


特に気圧が下がってくると、頭が痛くなったり古傷が痛んだりなど

痛みが起こる方が多くいらっしゃいます。


どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?


これは台風など外気の気圧が低下してくると、相対的に細胞の中の圧力が高まってしまい、膨張しようとして周辺の組織を圧迫して痛みが起こると考えられます。


これを漢方の視点からみると膨張するというのは、気がうっ滞している


”気滞”


と考えられます。気滞は「通ぜざれば、即ち痛む」といわれており

まさに痛みがこれによって生じるのです。


”気滞”という症状は、ストレスなどで自律神経のバランスが乱れてきても起こってきます。


ですので、この時期に体調を崩しやすい方は身体に負担をかけないよう

そして、早寝早起きを心がけるなど規則正しい生活リズムを作ってくださいね。



#低気圧 #漢方 #鍼灸

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

季節の変わり目に体調不良を起こす

季節の変わり目や梅雨~初夏にかけて体調を壊してしまう方は 結構おられます。頭痛や肩こり、めまいなどが主な症状でひどくなると嘔吐してしまう方など様々です。最近では気象病と呼ばれていて気圧が下がったり季節の変わり目に症状が強く出てしまいます。 K・Mさんもその一人です。Kさんは春先日差しが強くなり始める5月ごろに一度体調が悪くなり、その後も梅雨時期、そして真夏日にと体調が悪くなります。 症状は”頭痛”

  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711