• えりこ先生

咳や痰が続くときには・・・

急に寒くなりだして、体調を崩すことも多くなってきました。


風邪をひいたわけではないのに喉の痛みや咳などが続くような症状は、

新型コロナウイルスの後遺症も含め慢性的な炎症が続いている状況です。


もともとの症状の発症はウイルス感染などで起こる急性的な咽喉頭炎です。

それが、ダラダラと治りきらない状態が続くことで慢性化してしまいます。


また、それ以外にも喫煙や飲酒の習慣、睡眠不足、ストレスなどがあると

喉の違和感、かすれ声、咳などの症状が多く現れます。


中医学では喉の症状は、≪肺≫や≪脾胃≫と関係があると考えます。


慢性的に喉の炎症が続くという症状は、


・年齢を重ねて起こる”肺・腎の潤い不足(陰虚)”

・ストレスによる”気の滞り(気滞)”

・胃腸の不調からくる”痰の滞り(痰湿)”


などが考えられます。


喫煙や飲酒は喉が荒れてしまいます。

そして睡眠不足やストレスは、免疫力低下につながります。

喉の不調が続いている人は根本から、生活習慣を変えてあげる必要もありますよ。



#漢方 #鍼灸 #鶴見 #川崎 #不妊 #皮膚

閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示