• えりこ先生

基礎体温がなかなか下がらないときには

最終更新: 9月12日

W・Rさんは二人目を希望していて



今周期移植がきまっています。


なかなか基礎体温が下がらず

低温期も36.6℃以上、高温期には37.3℃を超えてしまうほど体温が高め


体温は低すぎてもよくありませんが高すぎもよくありません。


とくに移植を迎えているWさんにとって高温期が高いということは

砂漠のような灼熱の大地で受精卵を育てるようなイメージです。


早急に体温を下げなければなりません


そんなWさんに五涼華という清熱作用のあるもの、そして亀鹿仙という

補陰作用のあるものを飲んでもらいました。

そうしたらみるみる体温が下がって低温期はなんと理想的な36.3℃まで下がってきました。うれしい限りです


もうそろそろ排卵期、そして高温期になりますが今の調子で高温期の体温が36.8℃前後で

体温が推移し、春先の若葉が芽吹くような大地で受精卵が育ってくれたらと願うばかりです。










13回の閲覧
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711