• えりこ先生

”妊活”をやめる決断



皆さん全員がうまくいってくれたらいいなといつも思っていますが 全員が全員はなかなか難しいものです


SMさん(45)も最近治療を卒業された方のお一人


Sさんがこちらにご来店されたのは今から約2年前の12月25日


ご結婚されて1年、なかなかお子様に恵まれないから 体質改善をとご来店されたのがきっかけでした


体質が改善できるよう漢方薬で色々調整しましたが もともとストレスも多くFSHが40前後と高めのSさん なかなか思うような結果が出ない日々が続きます


毎月採卵はできず やっと採卵できても胚盤胞という高いハードルを越えることが出来ない


誰もが悩む治療の道、Sさんもその長い道を進むことになります


時には落ち込むこともあったかと思いますがあまり弱音は吐かないSさん 『落ち込んでいてもしょうがないから前を向いて頑張ります。』


生理が来るたびにそう私に言っていました。


そんなSさんでしたが 今年に入ったくらいから治療をいつくらいまで続けようか・・・ そんなフレーズをおっしゃられるようになられました


やめ時は人それぞれ違いますが 後悔しない方法を選んでほしい

そういつも心に留めながら その方にあった方法を一緒に考えます


Sさんのお話を聞くと 『採卵できても胚盤胞まで行けなくておなかに戻せない  採卵した卵を自分のおなかに戻したい』

そう胸の内を話してくださいました。


その今の気持ちをそのまま先生に伝えてみては?

そうお話をし、自分の意向を病院の先生に伝えたSさん

胚盤胞での移植はあきらめて、初期胚で子宮に移植


結果的には妊娠判定は陰性でしたので成功とはいきませんでしたが

Sさんは治療をやりきった満足感があったようで、晴れ晴れとして声でこうおっしゃいました。


『結果的には残念でしたが、自分の卵をおなかに戻せてとてもよかったです。

 ありがとうございました』


Sさんだけでなく、同じような悩みを抱えていらっしゃる方は大勢いらっしゃいます。 その方々の心に寄り添い、妊活が充実したものとなるようこれからもお手伝いできたらと思っています


 #漢方鍼灸

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示