• えりこ先生

子宮筋腫で手術といわれた。

子宮筋腫はほっといていい場所と 受精卵が着床するのにじゃましてしまう場所と2つあります。

漿膜下や筋層内の筋腫だと 少々大きくても影響がなく手術するのはまれですが 粘膜下筋腫だと着床を邪魔するだけでなく、 妊娠後筋腫が大きくなり流産の危険もあることから 手術を薦めるケースが増えます。

A・Yさん(43歳)は子宮粘膜下に筋腫が再発してしまいました。

大きさは1センチ程度ですが、着床するときに邪魔をしてしまうからと 手術して無事にお一人目を妊娠され出産されました。

今回お二人目を考えていてなかなか妊娠できないからと 健診を受けたら再発していて本人はかなりショック!!

年齢的に焦りがあり、あまり時間がないと時間を決めて 始めた不妊治療。

ここで筋腫の手術をしたら半年間移植ができない

44歳になってしまう・・・ タイムリミットまであと少し・・・

そういう思いが相談しながらひしひしと伝わってきました。

でも、もし手術をしなくてはいけなくなったとしても その間できることってたくさんあると思うんです。

筋腫ができやすいということは 子宮内の血流が悪いということにつながります。 ですから

子宮血流を良くして、流産しない子宮を作っていったり・・・ 子宮をやすめている半年の間卵巣は休みなく排卵しているので採卵してみたり・・・。 自然妊娠を目指したり・・・

考え方次第で、半年という月日を 楽しく生活できると思うのです。

A・Yさんは今悩んでいる最中ですが 是非、手術を選択された際には 年齢にとらわれず 是非前向きに楽しく漢方薬を飲んでくれたらなと思っています。

0回の閲覧
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711