• えりこ先生

子宮腺筋症 妊活は早めが大事

生理痛がある方にとって、生理のたびに起こる痛みは苦しみ以外なにものでもありません。


特に子宮腺筋症に悩む方にとっては、生理痛がかなり辛く、貧血を起こしたり寝込んだりとQOLの面でも大きなストレスがかかってしまいます。


O・Cさん(30)は子宮腺筋症で悩むママです。


毎月の生理痛がひどく、生理になる前から鎮痛剤で痛みを抑え込んでいました。

それでも痛みで寝込むこともあり体質改善のため漢方薬を飲み始めました。


子宮腺筋症は病状が進行してしまうと、妊娠もしにくくなり、また流産もしやすくなってしまいます。その疾患も早めに対策を打った方が効果的ですが、特に”子宮腺筋症”は先手先手で早めに対策をとっていくことがとても大切になってきます。


Oさんには、

・妊娠しやすい母体を作る

・炎症しているところをよくして着床しやすい子宮内膜環境を作る


これらを考え”養血補腎””清熱解毒”の漢方薬をお渡し


1か月服用した段階で、生理痛がほとんどなくなったと報告くださいました。


腺筋症はスピードが命です。妊活していて病院で指摘されたら早めに漢方初めて下さいね。














1回の閲覧0件のコメント
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711