• えりこ先生

季節の変わり目に体調不良を起こす

最終更新: 9月12日

季節の変わり目や梅雨~初夏にかけて体調を壊してしまう方は

結構おられます。頭痛や肩こり、めまいなどが主な症状でひどくなると嘔吐してしまう方など様々です。最近では気象病と呼ばれていて気圧が下がったり季節の変わり目に症状が強く出てしまいます。


K・Mさんもその一人です。Kさんは春先日差しが強くなり始める5月ごろに一度体調が悪くなり、その後も梅雨時期、そして真夏日にと体調が悪くなります。

症状は”頭痛”。吐いてしまうほどの頭痛に悩まされ、一度かかってしまうと3日は寝込んだままになってしまいます。


今年こそ体調が悪くならないようにと8月初旬から漢方&鍼灸を開始しました。


舌を見ると、コケが厚めで茶色い色がついていたので漢方薬は温胆湯など、

鍼灸は足三里などを試してもらいました。


その後定期的にご来店中で、これからは秋の花粉症に伴う体調不良を予防するための漢方薬を服用していく予定です。





5回の閲覧
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711