• えりこ先生

小さい子のアトピー 原因は胃腸?

最終更新: 5月20日

K・Aちゃん(6)は生まれながらのアトピー性皮膚炎


手や首などに出ることが多く、見えるところに出てしまっている

ことでママは本当に心配そうです。


夜中にかきむしっているわが子がかわいそうでご来店されました。


幼児の肌トラブルは胃腸機能がきちんと出来上がっていないため起こります。

食べたもの、飲んだものをきちんと解毒する力が足りなく、皮膚の毛穴を使って出そうとするため湿疹ができるのです。


ですので、幼児の皮膚のトラブルには胃腸薬が欠かせません。



kちゃんにも”晶三仙”というものを出しました。

サンザシや麦芽などが入っていて消化液の分泌を促進してくれる働きがあります。



味も子供には飲みやすく、ぺろぺろ舐めてお菓子感覚で飲んでくれていました。


今では、すっかり肌もきれいになったKちゃん。

味がおいしいので食後には欠かさず『晶三仙を欲しい』

というようになったそうで今も2包ずつ飲んでいます。


すっかり漢方っ子ですね(^^♪


飽食の時代ですので、大人はもとより、子供にもおすすめのものですが

特に肌が弱いお子さんや、よく風邪をひきやすいお子様にとっては特におすすめです。




#漢方 #鍼灸 #鶴見 #川崎 #不妊 #皮膚




25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示