• えりこ先生

年齢って大事な事?

不妊症の相談をしていると どうしても自分の年齢を気ににしてしまいがちになります。


『もう42歳だし・・』

『もうすぐ年を一つとるからその前に急いで治療しないと卵子の質が悪くなる・・』


年齢の事は生殖医療でも世間でもお腹がいっぱいになるほど言われていますので焦るのは

いたいほどわかりますが、それでも年齢だけで治療を焦ってしまうのはもったいないことです。


実年齢と卵巣年齢は=(イコール)ではありません。

ちゃんと生理周期が整っていて、排卵期前後の帯下が見えるような方は 卵巣年齢も若い証拠です。


年齢で焦って自分の首を自分でしめないでほしいと思います。 焦れば焦るほどホルモン数値も悪くなってきますし生理周期も乱れてきてしまいます。

それで数値が悪くなってきて、ホルモンで補充して・・・


そうなると、どんどん負のスパイラルにはまってしまいます。


もっと自分を、そして卵巣を信じてあげてほしいと思います。 いいところを見つけてあげてください。


『排卵期の帯下が増えてきたかも』

『生理の量が増えてきたかも』

『イライラしなくなってきたかも』

日々ほんのちょっとした身体の変化でいいのです。 その積み重ねが大事。

それが卵巣年齢が若くなることにつながりますよ!


#漢方 #鍼灸 #不妊 #皮膚 #鶴見


6回の閲覧0件のコメント
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711