• えりこ先生

流産したら3か月 子宮を休めましょう!!

妊娠しても、流産をしてしまう『不育症』


I・Kさん(43)もその一人


毎月、きれいな基礎体温表で妊娠はするのだけれど

なかなか継続できない・・・


何度も経験すると、習慣になってしまうのでそうならないうちに

体質を改善する必要があります。


≪流産も小さなお産≫こんな風に漢方の世界では考えます。

母体の子宮が回復するまで心と体を休めてあげる時期も必要です。


Iさんにもそのことをお伝えしました。

焦りが出ると、毎月の排卵がとても大事なことであることは

とてもよくわかります。


流産して生理が来たら、すぐにチャレンジしないと気持ちが落ち着かない

これもとてもよくわかります。


でも急げば急ぐほど、心も体もすり減ってしまうし、いい結果になりにくいものです。


理想的には6か月、もしそこまでの気持ちの余裕が持てなければ3か月は子宮を休ませてあげてください。”急がば回れ”です。



きっとそうすれば、新しい命がしっかり根付きますよ。





#漢方 #鍼灸 #鶴見 #川崎 #不妊 #皮膚

閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示