• えりこ先生

炎症がひどくなる前に・・・

なかなか妊娠しにくいトラブルの一つに”子宮腺筋症"があります。

生理痛もひどくなり、月経血も多量になり、ひどい方だと貧血のため鉄剤を服用しないと

いけなくなる方もいらっしゃいます。


O・Iさん(40)もその一人。

月経血はそこまで多くはないのですが、毎月の生理痛に悩まされています。


不妊症の原因としては


"子宮の着床障害"

"精子の遡上運動阻害"

"感染に対しての抵抗力の低下"


などがあげられ、また流産もしやすく早産にもなりやすいため腺筋症と診断された方は放っておかず早めに対応していかないといけません。


漢方では、”子宮腺筋症”は筋層内が炎症をおこしていると考えます。


炎症している子宮内は血液循環が悪くなるためドロドロした子宮内壁になってしまいます。

ストレスや冷えも子宮腺筋症には悪いこと!!


O・Sさんも今、子宮の炎症を抑えて血液循環を良くするお薬を服用中です。


これから寒くなってくると、血液循環が悪くなってひどくなる傾向があります。


早めの対処がキーポイントですよ!!



#漢方 #鍼灸 #鶴見 #川崎 #不妊 #皮膚

24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示