• えりこ先生

秋の「咳」肺が乾燥しています!

ずいぶん過ごしやすく、朝晩は寒さが身に染みる陽気になってきました。


空気も乾燥が始まり、のどが乾燥してきて咳をし始めるのも毎年このくらいの季節からではないでしょうか?ただ、今年はコロナウイルスの影響でうっかり人前で咳をしてしまうと

周りの目線が・・・なんてことがありますね。


こんなことを避けるために、今年は「咳」が出たらどうしていけばいいでしょうか?


中医学的にみると五臓の内の”肺”が影響を受けやすいのは秋です。

”肺”は潤っているのが好きで乾燥を嫌います。この秋時期は空気が一気に乾燥しますので肺が乾燥して「咳」が出てしまうのです。


この時期の咳は痰などは少なく、乾燥した「空咳」が特徴になります。


漢方薬は≪滋陰清肺≫をするような漢方薬を使います。麦門冬・百合・桔梗などはよく使われる生薬です。


鍼灸では、肺の経絡上の経穴≪尺沢≫≪孔最≫≪列欠≫などを使って肺気を高めることをします。


生活習慣も大事です。


・香辛料の強いもの・刺激の強いもの などを避ける

・肺を潤す山芋やカキなどを取り入れるのもお勧め

・アルコールや喫煙習慣を見直す必要もあります。


今年はいつも以上に「咳」を気にしないといけないご時世です。


肺を強くするという新生活を試してみてください。


#咳 #漢方 #鍼灸 #鶴見




5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711