• えりこ先生

自分の子供がアトピーで悩まないために・・・

妊婦さんがアレルギーを持っていると 子供も同じようにアレルギー体質にならないかしら・・・

そう考えるプレママは結構いらっしゃいます。 特にアトピーなど肌にトラブルを抱えているお母さんにとっては 我が子がひどいアトピーだったら・・・そんな心配はつきものです。

でも妊娠中から漢方薬を服用しておけば アトピー知らずの綺麗な肌のお子さんになるのですよ。

E・Yさんはもともと小さいころからアトピー性皮膚炎。 妊活をされているときから

『もしうまく妊娠したとしても、産まれてくる子供が 私と同じようにアトピーで生まれてきたら・・・』 自身がアトピーで悩んだ事もあり、子供には 同じような辛い思いはさせたくないという思いが強い方だったので そのような思いが強かったのかもしれません。

その後、Eさんは無事に妊娠され 我が子がアトピーにならないようにと 衛気を高め、アレルギー体質にような お薬など出産されるまで 服用していました。

その甲斐あってお子さんは、肌トラブルの一切ない 綺麗な肌を持った子が生まれたのは言うまでもありません。

このように妊娠中きちんとお薬を服用することは お腹の中の赤ちゃんにとってはとても大事なことなのです。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

”血海”は女性にとっての要穴!

あなたは生理痛がありますか? 月経血には血の塊がありますか? 月経痛は普通はないものです。月経がはじまるとともに痛みが出る方にとっておきのツボがあります。 それは”血海(けっかい)”です。 脾経の経絡上にあるツボでひざのお皿(膝蓋骨底)内側から2寸ほど上に上がっていったところになるツボです。ツボのとり方はひざのお皿の上、内側角にくすり指をおき、指幅3本そろえて、人さし指があたっているところです。

  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711