• えりこ先生

”鍼灸”で排卵

PCOSの方にとって、”排卵”というのはとても大事なことになります。


特に帯下が出ているのに排卵できなくて高温期にならないような時には

鍼灸がとっても効果的です。


T・RさんはPCOSで周期的に月経が来なくなってしまったことが過去に

あり周期的に月経が来るようにと”漢方&鍼灸”で体質改善していらっしゃいます。


先日もそろそろ排卵しそうな予兆はあるのになかなか高温期にならないと不安そうな彼女


話を伺うと

・基礎体温表は安定した36.3℃前後を維持

・伸びるような錦糸状の帯下が2日前くらいから出ている


確かにもう排卵までカウントダウンといった感じでしょうか?

ただ、PCOSの方にとっては排卵は一番ネックになっている部分です。


ここで、うまく排卵できなくて周期が伸びてしまう事が多々あります。


ですので鍼灸で後押しをしてあげることにしました。


下腹部の卵巣の辺りを鍼で刺激したり、”関元穴”や”子宮血穴”を置鍼したりして様子を見てもらう事にしました。


するときちんと排卵したようで、

「高温期になりました!」とすぐ報告してきてくれました。



体温が安定していて、錦糸状の帯下が見えているのになかなか体温が上がらないときには”鍼灸”はとっても効果的ですよ。


#漢方 #鍼灸 #鶴見 #PCOS 






2回の閲覧
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711