top of page
  • えりこ先生

長い治療 時には息抜きも

不妊治療が長く続くと、少しお休みしたくなることもあります


O・Sさん(44歳)は2人目のご相談で 2年前ほど前しばらくご相談に来てくださっていました


FSHの値が高く、排卵はするものの

3週間で来たり逆に3か月も生理が来なかったりという

不安定な周期のOさん


高温期が長く続くことも時々あり 「もしかしたら・・・」


と期待はするのですが、そのあと生理が来てしまうので 落ち込みながらも一生懸命漢方&鍼灸で体質改善していました


来店し始めて2年くらいたった昨年末 いつもだったら毎月ご連絡してくださっているのに 気づいたら2か月ほど間が開いていました


『どうされたのかな?』

と思い、メールをしてみたら 以下のようなお返事をいただきました。


『漢方飲まなきゃっていうこともなく、ちょっと楽な感じになっていて  しばらくお休みしてみようかなって思っています。  またお願いするかもしれませんが』



病院の治療だけでなく、何かをし続けると 少しお休みしたくなることはあります


気持ちがのっていないときに無理に続けても 辛いだけの時もあります。


そんなときは、思い切ってすべての治療を 止めて見るのも一つの方法です。


止めてみることで 今まで見えてこなかったことも見えてくることもあります。


結局Oさんの場合は1か月後、”漢方&鍼灸” 再開することになったのです(^^ゞ

少しお休みしたからか、Oさんには必要だということに気づかれたようでした




#漢方鍼灸


閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page