• えりこ先生

節分

今日は節分ですね。2月2日が節分となるのは124年ぶりのことのようですね。


皆さんは今日の節分、どんな風にお過ごしになられるのでしょうか?


さて、皆さんは少し疑問に思われませんか?

日本には四季があって季節も4つに分かれるのになぜ2月だけ節分としての行事が大々的に行われるのでしょうか?


そもそも、節分は季節を分けるということですので季節の節目である「立春、立夏、立秋、立冬の前日」のことをいい、年に4回あります。


ところが、昔の暦では春から季節が始まると考えていました。

今では1年は1月から始まりますが、昔は立春の前日の節分(2月3日頃)は、大晦日に相当する大事な日でした。


そこで、節分といえば立春の前の日をさすようになりました。


季節の分かれ目に邪気が入りやすいと考えられており、江戸時代にはさまざまな邪気祓い行事が行われてきました。おなじみの豆まきも古代中国の【追儺】という行事が日本に伝わってきて、奈良時代に【豆打ち】というものに変わり、江戸時代に庶民の間で行われ、現在に至っています。


鬼は邪気や厄の象徴とされ、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を越えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられてきました。


今年は、窓を開けて十分喚起しながら新型コロナという感染症が早く収束するようにという願いを込めて豆まきをしないといけませんね。


#漢方 #鍼灸 #鶴見 #川崎 #不妊 #アトピー









11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711