​卵巣嚢腫

​卵巣嚢腫とは?

​卵巣嚢腫は卵巣にできる袋状の病変で、20~40代にできる良性の腫瘍です。

子宮内膜症によって、卵巣内にチョコレートのよような古い血液がたまってしまうような「チョコレート嚢腫」

液体や粘液がたまる「単純嚢腫」髪の毛などの皮膚成分がたまる「類皮嚢腫」などがあります。

卵巣嚢腫は大きさによっては下腹部などに違和感を覚えることがあります。

外からわかるほど腹部が変形してくると、ずいぶんな大きさです。

大きくなると、茎捻転をおこして救急搬送されることもありますので定期的な検診が必要になります。

また、直接的に不妊の原因にはなりませんが、できている部位や、嚢腫の種類(チョコレート嚢腫)によっては原因には愛rまsす。根本的な治療となると手術が第一選択になりますが、AMHの減少、卵巣の癒着などの問題も出てくるため身長にならなければいけません。

​漢方薬・鍼灸からみる卵巣嚢腫

​漢方では、卵巣が炎症を起こした状態になります。

​炎症した卵巣内では良質な卵子が育つことが難しくなります。

炎症しているため卵胞期の基礎体温も高くなることがあります。

ストレスや冷えなど現代女性の抱えてるトラブルが原因で気血の巡りが悪くなり病変が悪化してしまいます

​冷えやストレスを取り除き、卵巣内の血液循環が滞らないよう、注意を払いながら最適な方法を選択いたします

​卵巣嚢腫の中医学的治療

(l)​≪気滞血お証≫

ストレスや自律神経の乱れが生じると“気”の巡りが悪くなります。それに伴って“血”の巡りも悪くなり

卵巣の血流が悪くなって卵巣嚢腫が生じます。

一般的な症状としては、月経前に頭痛や胸の張りを訴えたりすることもあります。

漢方薬では、気血の巡りをよくしてあげる“活血化お薬”“”疏肝理気薬”などを使います。

鍼灸では“肝経の経穴”“血にかかわる経穴”“関元・中極・子宮などの任脈上の経穴”

などを選穴します。

(2)≪痰湿凝滞証≫

色々思い悩んだりすることで、胃腸の消化機能が低下してしまいます。飲食物をうまく消化吸収できず

体の中に余分なもの(痰湿)がたまってしまいます。また、アルコールなどを召し上がる機会が多いと痰質は多くなりますので

​お酒も適度な量にする必要あります。

一般的な症状としては、帯下の量が多い・倦怠感・などが伴う事もあります。

​漢方薬では胃腸の消化吸収機能を高める“健脾除湿薬”などを使います。

鍼灸では、“脾経の経穴”“胃経の経穴”“陰陵泉・豊隆・脾兪”などを選穴していきます。

  • Twitter

TEL 045-716-6710

FAX 045-716-6711